女性のための英語 English for Girls

あなたの脳のはたらきをそのまま使う最も自然な訓練方法
2010年6月10日(第一回)から毎週木曜日の教材提供
<< 女性のための英語(23):仕事何?サイドビジネスは? | TOP | 女性のための英語(25):scary story (怖い話) >>
女性のための英語(24):感覚的な英語

今日は最初にこのウェブ・サイトを見てください。それから戻ってください。


GreenNickersは会社の名前ですが、nickers はアメリカではあまり使わないと思いますが、イギリスでは普通に使います。パンティのことです。ここでのgreenは環境に優しいという意味のgreenです。

Hempは工業用大麻のことですが、植物の学名は、大麻(マリファナ)と同じです。ただ、ゆったり気分、いわゆるマリファナ効果をもたらす成分がはるかに低いので吸っても効き目はありません。

どうしてそんなこと知っているかって?

何年か前に日本でHempを合法化しようと活動している人に頼まれて学術文献の翻訳をしたことがあるからです。世界の中でも学名が同じという理由でHempの栽培にも厳しい規制をしているのはアメリカと日本ぐらいなのです。最近、アメリカでは医療用に使うマリファナの娯楽用に少しだけ合法化しようとする動きがあり話題になっています。

 

Multi-functional

Hemp has tonnes of uses including cosmetics, paper, fuel, plastics and even food in seed form.

ヘンプは魔法みたいな植物で、化粧品、紙の原料、燃料、プラスチック原料になりますし、種子は油も採れますので食品でもあります。(これは訳に似ていますが、解説のつもりです。以下も同じです。)

 

Non-toxic

No pesticides are necessary in the growing of Hemp as insects can’t stand the plant! Herbicides are also unnecessary because hemp grows far quicker than any weed.

害虫が付かないので農薬を使わないで育てられます。昔、忍者は毎日どんどん伸びる大麻を跳んで跳躍力を付けたと子供の頃マンガにありました。本当かどうかは知りません。そのぐらい成長が早いのは事実です。雑草の草丈が作物より大きくなれば日の光をさえぎるので雑草を取らなければなりませんが、逆に作物がどんどん大きくなれば、雑草の方が日陰になって成長が抑えられてしまいます。

 

Natural

Hemp is ultimate natural fibre because it is a natural fabric which is grown…naturally. (No pesticide)  

この説明は苦しい。農薬を使わない自然に成長する繊維だから究極の自然の糸だって変な説明ですね。fibreはイギリス英語、アメリカではfiberです。

 

Gorgeous

Here at GreenNickers we love hemp satin for our underwear which is 60% hemp and 40% silk. It has all the softness and luxury with the positive impact and durability of hemp.

うち、グリーンニッカーズでは、ヘンプ60%とシルク40%の光沢のある下着がお奨めです。柔らかさと豪華さ、そしてヘンプの力強さと耐久性すべてかね添えたお値打ちもの、みたいな感じの訳になりますね。

Positive impact にぴったりの訳はなかなか思いつきません。

 

Sustainable

Unlike cotton hemp can grow practically anywhere even on otherwise unusable land, where it can help to improve the soil.

コットンとは違い、ヘンプは他に使い道がない土地でも栽培できます。しかも土壌改良の効果もあるのです。・・・魔法の植物だ。でも本当のようです。

Sustainableは持続性と訳されますが、ぴんときませんね。地球の永続性に役に立つという言葉ですが、このような意味で使われ出したのは比較的最近のことです。

 

日本語でも同じですが、言葉はどんどん進化というか、単語そのものは昔からあっても時代によってその使い方が変わるものです。そういう単語は感覚的に覚えるよりしようがありません。無理やり日本語に直すと意味がよく分からなくなることがあります。

 

次にこのウェブ・サイトを見てください。

説明追加(1120日)

 

Moral fibre

Non organic cotton is most widely used fibre in the clothing industry due to its diversity and cost. Yet the true cost of cotton production includes as many as 3 million poisonings and 20 thousand deaths each year from pesticide use.

 

モラルのある繊維と言われてもピンとこないですね。こういう言葉は造語みたいなもので、内容が分らない人には分かりません。試しにお知り合いのネイティブに尋ねてごらんなさい。

普通のコットン栽培では、農薬を使うので毎年300万人が中毒になり、2万人が死亡している。安くて使い道が多いから繊維として広く使われているが、そういう犠牲の上に成り立っている。それに較べて、オーガニック・コットンは、最低3年間農薬を使わない畑で、無農薬で栽培されるからそんな事故はない、だから道徳的なんだという言い分です。

コットンは虫が付きやすいのでもっとも殺虫剤の使用が多い作物であるのは事実です。インドやウズベキスタンなどの後進国では、幼い子供たちが農薬散布や収穫に借り出されますが、散布器具も不十分で、安全に使用する指導も訓練もないようです。その上、日本などでは禁止されている毒性の強いものが今も使用されているので、事故はびっくりするほど多いのです。

Soft and lovely

Cotton feels lovely on your bottom and knowing that livings and land have not been destroyed in its production makes it even lovelier!

オーガニック・コットンの栽培には化学肥料も使いません。対比などの有機肥料を使うので土地も荒れていない。コットンはもともとお尻に優しい上に、栽培されている土壌も自然状態ということが分かればもっと優しく感じるでしょう?というものですが、ピンときますか?


Fairest

We consider organic farming to be a larger part of the struggle to address issues of exploitation and fairness in the fashion industry. 

「有機栽培は、ファッション産業の搾取と公平性という問題に対処するものなのです」と言われてすぐ理解できるでしょうか?

アメリカのコットン栽培は広大な面積に化学肥料をたっぷり使い、飛行機で農薬を散布し、収穫前には落葉剤を撒いてコットン・ボール(綿)を器械で収穫します。コスト削減のためです。それに対して後進国では、安い賃金で子供を使いコストを下げて競争しています。ファッション産業も原価を安くして利益を上げようとしますからできるだけ安いコットンを使おうとするのは当然と言えば当然です。そのしわ寄せは結局労働力を提供する子供たちにきます。これをexploitation、搾取と言っているのです。


The FAIRTRADE Mark on our cotton pants has been awarded by the Fairtrade Foundation and guarantees a minimum price and social premium for disadvantaged small-scale cotton farmers so that they can invest in their community and livelihoods.
オーガニック・コットンは、人手も手間も掛かるので今のところ大規模栽培には向きません。生産コストでは普通のコットンに敵いません。これが、disadvantageという意味です。栽培する人が安心して栽培できるように最低限の購入価格を保証し、立場の弱い人を支援するという立場から多少高い(プレミアム価格)で商品を販売することになるのがフェア・トレード商品の特徴と言えば特徴です。フェア・トレードを真剣にやっているところは、貧困国での女性の自立を支援するだけでなく、子供たちの教育にも取り組んでいます。 


ブログをやっていて良かったなあと思ったことが一度だけあります。

オーガニック・コットンを取り扱っている有名企業の私の知り合いの女性が、同じ会社の企画をやっているお仲間から、“勉強になるブログを見つけた”と言われてチェックしたら私のブログだったという話です。その後お仲間の女性にも会いました。

ということで、200768日「シナリオ作成前段階オーガニック・コットンから814日「オーガニック・コットン(21)まとめ-」までブログを書きました。オーガニック・コットンを普及させるためにはどんなことをしたら良いのか、私自身の勉強のためにやってみたことです。“理科系とビジネス”でも構わないという人は読んでみてください。

フェア・トレードでもっとも進んでいるイギリスの状況をちょっとだけチェックしましょう。数学の教師が子供たちにフェア・トレードの勉強をさせるビデオがありますのでご覧ください。リスニングの材料としてばかりでなく、イギリスの教育に感心するところもあるのではないでしょうか。


塩シリーズ
(11)

 

Scientists testifying for the snack industry at a government hearing warned that lower salt consumption could pose certain health risks to children and pregnant women. The food industry also challenged the link between salt and hypertension, emphasizing studies that found no significant correlation.

In what Dr. Lin says was an attempt to divert attention from salt, records show, Frito-Lay also financed research on whether calcium might negate the harmful effects of salt, even though Dr. Lin said he doubted it would really absolve salt. “An effective promotion of ‘Calcium Antihypertension Theory’ may release the pressure on sodium for the time being,” Dr. Lin wrote in a memo at the time.

In 1982, Campbell sponsored an American Heart Association symposium that included a study on calcium, which is now seen as having only a small role in reducing hypertension, and another that asserted that only some people were susceptible to hypertension from salt.

 

That same year, the F.D.A. finally responded to Dr. Jacobson’s petition. An advisory panel had concluded that salt should no longer have a blanket designation as safe, which “would normally trigger F.D.A. action,” Michael R. Taylor, a current deputy commissioner at the agency wrote last year in analyzing salt regulation. But the agency decided to rely on consumer education and voluntary efforts by companies.

Sanford A. Miller, then director of the F.D.A.’s Center for Food Safety and Applied Nutrition, said agency officials had recognized the health effects of salt, but had believed that they did not have enough data to justify mandating sodium levels. “The salt people, especially, were constantly badgering us on that,” Dr. Miller said. “There were little tidbits that people could challenge us on.”

Dr. Lin, who works for a nutrition supplement producer, said Frito-Lay’s response back then was a “macho show of force” by an otherwise responsible company. “I was employed at a time I couldn’t do much about it,” he said.

A Frito-Lay spokeswoman, Aurora Gonzalez, says the company has aggressively searched for solutions to nutrition issues. In March, its parent company, PepsiCo, announced it would cut on average 25 percent of the salt in its products. “We are proactive,” Ms. Gonzalez said. One solution it recently embraced takes a page from Dr. Lin’s old research: using a finer grade of salt.

Back in the 1980s, some companies began offering low-sodium products, but few sold well. Surveys by the Center for Science in the Public Interest have found little change in salt levels in processed foods.

 

Sugar and fat had overtaken salt as the major concern in processed foods by the 1990s, fueling the “healthy” foods market. When the F.D.A. pressured companies to reduce salt in those products, the industry said that doing so would ruin the taste of the foods already low in sugar and fat. The government backed off.

“We were trying to balance the public health need with what we understood to be the public acceptability,” said William K. Hubbard, a top agency official at the time who now advises an industry-supported advocacy group. “Common sense tells you if you take it down too low and people don’t buy, you have not done something good.”

The Battle Broadens

On April 26, Mayor Bloomberg stood before a microphone at City Hall to announce an initiative to prod food companies to cut salt in earnest, with an initial target of 25 percent by 2014. The industry’s resistance was readily apparent.

After two years of planning, nearly 30 other jurisdictions joined New York, which said it was acting because federal officials had not. But only 16 manufacturers and restaurants had signed on to the initiative, and records released to The Times through the state’s Freedom of Information Law reveal a shift in industry strategy.

 

Rather than challenging salt’s link to hypertension, industry representatives, in the private planning meetings with city officials, cited financial objections: the higher cost of other seasonings and the expense of new product labels and retooled production lines. In a Feb. 1 letter to a city health official, the Grocery Manufacturers Association wrote that “aggressive, short-term sodium reduction has the potential to further raise food prices.”

Companies also warned that reducing salt might force them to increase sugar in foods like peanut butter, meeting minutes show.

Among those declining to join the initiative was Campbell. Chor-San Khoo, its vice president for global nutrition and health, said that the company would continue its own reduction plan, but that the city’s pace “was overly aggressive.”

In April, the independent Institute of Medicine said food companies were moving too slowly on their own and called on federal officials to set firm salt levels for food.

 

次は、最終回です。

 

- | 07:47 | author y-brother | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする