女性のための英語 English for Girls

あなたの脳のはたらきをそのまま使う最も自然な訓練方法
2010年6月10日(第一回)から毎週木曜日の教材提供
<< 女性のための英語(19):会話−恋の悩みと相談-2 | TOP | 女性のための英語(21):助言とお説教ー1 >>
女性のための英語(20):恋の悩みと相談−3

最初に個人的なこと。

前回、友人○○○に、彼女はもう電話もメールも欲しくないと言っていると伝えました。その後、彼の状態がどうなのか心配しました。

一日、二日、何の音沙汰もありません。

 

三日目、こんなメールがありました。

 

I finally figure it out... but REALLY painful.

I had total faith and △△△ replaced my faith in her with fear.

So I will pick up the pieces but SAD on her part to do that to someone.

But I have zero hate or anything... I have always been the better person on such things.

Good news. I am NOT happy but, my fear will subside.

Crazy world in which we live. △△△ had such good spirit.

I refused to look at being played by her.

○○○

やっと分ったよ・・・・・辛いことだけど。

俺は、全面的に信じていたけど、△△△は俺の彼女への信頼を恐怖に代えてしまった。それで、あれやこれや繋ぎ合わせて考えると、そんなことを誰かにしてしまう彼女を見るのが悲しいのさ。でも、彼女に対して嫌悪の感情などない・・・俺はこんなときでも何時でもいい人間だったと思う。

いい知らせはね、俺は幸せではないが、恐怖は無くなりつつあること。

めちゃくちゃな世界にいるけど、△△△は本当にすばらしい心を持っている。俺は、彼女に弄(もてあそ)ばれたと思わないようにするよ。

 

どう思いますか?

 

私は、まだ、彼女への拘りはいっぱいと感じましたが、このメールは嬉しかったです。それで、夜も遅かったので次のメールを送りました。

 

"I am NOT happy but, my fear will subside."

○○○, this is what I wanted to hear. It's great.

Sorry for only this because I must get up at 5:30 a.m, tomorrow but your message will make me sleep peacefully tonight. Thanks.

“幸せでないけど恐怖がなくなりつつある” 

○○○、これが聞きたかったことさ。嬉しいよ。明日朝5時半に起きなきゃならないのでこれだけだけど、お陰でぐっすり眠れそうだ。ありがとう。

 

依然として心配なので、その後こんなメールをしました。

 

Could not write because three days stupid work in a raw and went Kamakura last night at Sea Castle(German restaurant) beer party, where my colleague, actually professional jazz musician played trombone.  

・・・・・ 

Things are not necessarily going right with me right now.

Ups and downs all the time. Perhaps something to do with the season.

I have just finished my blog which I try to make it a step stone for a big jump.

It is about my prediction what will happen in 10 days. If it goes well, I will let you know what it is.

Cheers,

 三日連続のバカ仕事で書けなかったが、昨晩、鎌倉のドイツ料理のシーキャッスルに行った。俺の仕事仲間、実際にはプロのジャズミュージシャンなのだが、そこでトロンボーンを演奏したから。・・・・・・(ちょっとした鎌倉の悪口なので省略)

俺の人生は上手く行っていない。上がったり下がったりの連続だ。多分季節と関係あるかもしれない。

でっかく踏み出すキッカケにするブログを書いたばかりだ。10日後に起こることの予測だ。上手く行ったら、何だか教えるよ。

 

それに対して、Your life will come into good just keep going.続けていれば上手く行くと思う)と逆に励まされました。

友人が悩んでいるとき、どう励ませば良いのか難しいですよね。私は、癖というのか、性格というのか、説教がましいことは言えないので、自分のバカさ加減や失敗したことを正直に言って、相手が、“あぁ、自分より駄目な奴がいるんだ」と思ってくれればいいなぁというスタイルと思います。

何といっても、バカと失敗の連続人生ですから、ネタには不自由しません。

 

これも失恋の悩みで自分が関与した実際のことですが、前回のアメリカでの悩み相談にある例をあと二つ挙げておきます。最初の例には訳もつけます。あなたも、同じように彼を悩ませていませんか?逆かな?

ゴシック体は、役に立つ言葉と思います。

 

My girlfriend of two years, who is 25, dated her ex off-and-on for 5 years, through college (although they attended different schools). Now her ex is back on the scene. My girlfriend is naturally friendly and has always told me she wants to remain friends with her ex. However she is in a secret book club that consists of just him and her -- and of which I am not supposed to know about, but I do. They live in different states so they don't physically meet up, but they are reading the same book and having discussions over the phone with "wine and pajama pants." She claims I am her true love and there's nothing to worry about, but she keeps me in the dark (or so she thinks) about her interactions with him, and I'm feeling like something's wrong. Am I right? Do you have any advice for helping me deal with this and saving my relationship?

二年間付き合っている25歳の彼女ですが、学生時代(二人は違う学校ですが)から5年間付いたり離れたりしていた元彼がいます。その元彼が、今現実の問題になっています。彼女は本来的にフレンドリーな人で、元彼とも友達でいたいと僕に何時も言っていました。問題は、彼女が秘密の読書会に所属しているのですが、何と会員は彼女と元彼だけ。僕はその事実を知らないことになっているのですが、知っちゃったのです。違う州に住んでいるので、実際に会ってはいないのですが、同じ本を読んで“パジャマの下だけ着てワインを飲みながら”ディスカッションしているのです。彼女は、愛しているのは僕だけだから心配することなど何もないと言うのですが、僕には彼女の元彼との関係をごまかしている(あるいは、わざと)ように思っていますので、こんな関係は変だと思わざるを得ません。そう考える僕は正しいでしょうか?どうすれば彼女との関係をちゃんとできるのかアドバイスを欲しいのですが・・・。

 

彼でも彼女でもどっちでも、同じような問題は起こり得ると思いますが、こんな相談を友人から受けたら、どう助言しますか?

 

こんな助言がありました。

 

Once you’ve been clear with her about what you want (not always the easiest task), then she has the option to address your needs or ignore them. If she is not able to let go of her ex-boyfriend in a way that makes you feel comfortable (no secret book clubs), then you, my friend, have to face the fact that he is going to be in your life, as long as she is. And it doesn't sound like that is what you want.

(誰にとっても簡単なことでないですが)まず、君が彼女に望むことが何かはっきりさせなければなりません。それが分かれば、彼女が君の望むことを受け入れるか無視するかかのどちらかを選択することになります。彼女が君の納得するような形(秘密の読書会の中止)で元彼を放っておくことができないなら、君は、こういう現実に面と向き合うことになります。彼女が続ける限り、元彼が君の人生に入ってくるという現実です。文面から、君はそういうことを望んではいないように思う。

If you can’t deal with him in your life in this way – and there is nothing wrong with your not wanting him around (who would?) – after all, he’s not her ex-husband, her brother or some other family or ex-family member – then you have to move on. And that means it is over. Once you do move on, she may realize she's made a mistake and drop him. She may come back to you after she's dropped him and ask for a second chance, and you then have the option to give it another shot, which I would recommend. Or she may not be ready to drop him, and she'll either realize it's him she wants after all -- or she's just not ready to commit fully to anyone right now, and she was using him to keep from being truly intimate with you.

こんな形で元彼が君の人生に関与するのに対処できないならー元彼に関与して欲しくないと思うことのどこにも問題などありません(そんなことを認める人など誰もいません)−いいですか、元彼は彼女の前の夫でもなく、彼女の兄弟でも前の家族の誰でもないのですよーそうなら、君は前に進まなければならない(忘れなければならない)のです。という意味は、終わったことだということです。君が前に進む、つまり、彼女をあきらめるなら、彼女は、自分が間違ったことをしたと気づいて元彼とすっぱり縁を切るかもしれません。元彼と縁を切った後に、君のところに戻ってきてもう一度やり直したいというかもしれません。そうなった時もう一度考えればいいと私は思う。彼女は元彼と縁を切れないかもしれないが、それならそれで、彼女が望んでいるのは結局元彼ということに彼女自身が気づくだろうー或いは、彼女は、まだ誰ともきっちりした関係になるのを望んでいないのかもしれないし、元彼を使って君と本当に親しくなるのを避けているのかもしれない

 

Secrecy Can Feel Like Betrayal:

秘密は裏切りのようなもの

 

If you do stay together -- either with him in her (your) life or without him, there is still the problem of secrecy. What is most troubling in your letter is that you seem to imply that there is secrecy going on with both you and her. You say that she has a “secret book club” that you’re not supposed to know about but you do -- and you don't tell her you know. In other words, she is keeping her forays with her ex-boyfriend secret from you and you are keeping the fact that you know about them secret from her. You’re both in a bad dynamic, and unless one or the other of you snaps out of it, you’re going to go into a spiral of deception and betrayal. If she’s keeping this one secret from you, there may be others. And if you're keeping this one from her, you may be keeping other ones from her that you're not even aware of!
元彼を巻き込んだ人生だろうが、元彼のいない人生だろうが、君たちの人生に秘密という問題がある。君の手紙を読んで一番問題と思うのは、君たち二人にも彼女にも秘密が続いていることのように思う。君が知らないはずの“秘密の読者会”のことを君は知っているというが、君が知っていることを彼女に言っていない。言葉を変えれば、彼女は元彼との関係を君に隠しているし、君は君が知っている事実を彼女に隠している。君たち二人とも悪い動きになっているので、君か彼女がそこから抜け出るようにならないかぎり、嘘と裏切りのスパイラルに深入りすることになる。この件を君に隠せば、他のことも隠しているかもしれないし、自分では気づいてないかもしれないが君にも彼女に隠している他のことがあるかもしれない。

My advice is to have a serious talk with her where you get everything out on the table. Let her know what you know and how you feel -- and what you want. Then listen. Listen really hard. Find out if she is the kind of person who is going to put her need to have her friends around her even if they make you uncomfortable ahead of her intimacy with you. Remember, this guy is not her parent, her sibling or her child -- all those people you have to make compromises for if you're going to be serious with her, but an ex-boyfriend is a completely different level of relationship that falls below family.  If she thinks that she will not be able to drop her ex as a friend, then it’s probably time for you to move on and not waste any more time with someone who is not compatible with you.

君自身のことを全部さらけ出して、彼女と真剣に話し合うことを薦める。君の知っていること、気が感じている事実を彼女に知らせなさいーそして、どうして欲しいのかを。そして、彼女の言うことを聴きなさい。本当に注意深く聴くのです。そして、君にとって不愉快なものになると分かっているにも関わらず、彼女が彼女の友人関係を君との関係より優先するタイプの人かどうかを見極めなさい。覚えておくのですよ。元彼は、彼女の親でもなければ、彼女の兄弟でもなければ、彼女の子供でもないことを。君が彼女との関係を真剣に考えるなら、家族のことでは君も妥協しなければならないこともあるが、元彼は家族以下でしかない関係のレベルに過ぎないことを。彼女が、元彼を友人としての縁を切れないなら、君と相性の良くない誰かのためにこれ以上時間を無駄にすべき時でもないし、彼女を忘れる時なのだろう。

 

すばらしい助言ですが、これで彼がすっぱりと彼女をあきらめられるどうか・・・

 

最後の例は、弁護士と結婚している奥さんが、事務所に新しく入ってきた女性と事務所で長い時間を過ごしている。仕事の関係という境があいまいになっているように感じる。肉体関係はないと思うが、親密な感情関係は情事と同じようなものではないか?そう思う自分は被害妄想なのか?という質問です。

 

My husband, a lawyer, works long days and is in the office more often than not. In the last year, the firm has hired a new receptionist. She is a nice woman, don't get me wrong, but I feel the professional boundaries between her and my husband are being blurred. I don't suspect any physical infidelity, but with the long hours he puts in, I feel he is developing an emotional relationship that seems a lot like an affair to me. Just because they are not having sex does not make it inappropriate. Am I being overly paranoid or are these occurrences more often than not? Do you have any advice for how I can understand emotional relationship infidelity?

 

さぁ、どういうものでしょうか?

 

さて、来週は、助言を与える側のことを考えます。

子供の時両親に、甘えるな、他人のせいにするな、と言われた人も多いと思いますが、大人になってみて学校でも仕事場でも、同じ事を言われていると思ったことありませんか? また、親になればなったで、先輩になればなったで、自分が何時かどこかで言われたことを相手に繰り返していると思いませんか?

 

では、

 
- | 13:56 | author y-brother | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする