女性のための英語 English for Girls

あなたの脳のはたらきをそのまま使う最も自然な訓練方法
2010年6月10日(第一回)から毎週木曜日の教材提供
<< 女性のための英語(17):会話−5−2(会話を盛り上げるために) | TOP | 女性のための英語(19):会話−恋の悩みと相談-2 >>
女性のための英語(18):会話−悩み事と相談

余程深い関係でなければ、互いの胸のうちはなかなか明かさないと思いますが;

 

どうしたの、何か浮かない顔しているわね。何かあったの?

とか、

何か落ち込んでいるみたいね、どうしたの?

 

などというのは、日常的にあると思います。

相手が、なかなか口を開かなければ、

自分だけで悩んでいてもなかなか答えを出せないものよ。聞くだけはできるから、話してごらん。

とか、

話せば少しは気が楽になるじゃない。話してごらんよ。口が堅いのは知っているでしょ。

というような会話をしたことはありませんか?

 

What’s the matter with you? You look so depressed today.

You look different. What’s wrong?

You don’t talk much today. (Do you have) any thing to worry about?

Something wrong with you? Tell me.

等々が、問いかけの言葉ですが、なかなか口が開かなければ;

 

If you keep your trouble just within you, you can’t find a better solution. I may not be able to do anything more than listening, but why don’t you tell me?

Or,

You may feel better when you speak of your distress( or worry). You know that I am not a gossip person (or, am discreet), don’t you (?). 

 

悩み事と言えば、恋人との関係、家族の問題、会社などでの友人との人間関係、或いは、自分の容姿やお金の悩み等々ではないでしょうか?

これらは、女性であろうが男性であろうが、ほとんど変わりないと思います。

 

具体的な悩みは人それぞれですので、会話形式にはしませんが、次の文章に悩みを表す単語がいくつもあります。日本語では普通に使う言葉ですが、英語でというとなかなか学ぶ機会がないと思いますので、今回は、それを覚えることにしましょう。

 

例1:

昨日セラピストのところに行ったのですが、特にこれといったこともありませんでした。あれこれ話すだけ。それで、何気なしに学校でいじめにあったことを持ち出したのです。いや〜、水が水門から溢れ出るみたいでした。学校のことを都合の良いように忘れよう、忘れた“と思い込んでいたのがわかりました。小学校は最悪でした。いつもバカにされ(からかわれ)て、しかと(仲間外れに)されて、身体も痛めつけられました。 当時の屈辱感、痛み、恐怖、恥ずかしさが全部思い起こされました。今でも影響しています。親を信頼できなかったので、全部自分に閉じ込めてしまったのです。毎日、泣きながら歩いて家に帰りましたが、家の近くにくるまでに、親に話す必要がなくなるように全部自分の心に抑え込んでしまったのです。どんなに苦しかったか忘れることができたなど信じられません。一生懸命に自分自身を愛することで解決しようと今日まできましたが難しいです。

I was at my therapists yesterday, not really getting anywhere. Talking about this and that. Then I somehow brought up the topic of being bullied at school. Oh my goodness did the floodgates ever open. I "conveniently forgot" what it was like at school. Grade school was the worst. Always being teased, ostracized, physically hurt. The humiliation, the pain, the fear, the shame all came into clear view. It really was a horrible time. Absolutely effects me to this day. I kept it all inside as I could not trust my parents. Walking home and crying was a daily ritual and then I stuffed the feelings when I got close to home so I didn't have to talk to my parents. Can't believe I forgot how painful this was. Trying my best to love myself and deal with this as it is coming up but it's hard.

 

2

今年9月に夫と別れました。その時点で分かっていたのは、家では自分の問題に集中できないということだけでした。夫がいたときには、私のすべては夫に集中していて気が狂いそうでした。

I separated from my husband on 9/12/10. At that point, all I knew was that I could not focus on my issues with him in the house. With him here, all I did was focus on him, making myself crazy.

 

私の問題のひとつは、自分の代わりに他の人の面倒を見ることでした。22歳の時から19年もカウンセリングを受けています。共依存症というワナにはまり込んだ自分が吐き気を催すほど嫌になったからでした。

One of my problems was taking care of other people instead of myself. I have been in counseling since I was 22 (19 yrs). I was disgusted with myself that I had allowed myself to slip so far down into the pits of codependecny hell.

 

81歳になる義理の父が9月末にひざの手術をしました。父は、精神上の病気を抱える実母の面倒を見なければならないので、リハビリを受けずに家に帰ると言い張っていました。男6人と女一人の兄弟ですから、勿論、私が両親の世話をしなければなりません。父の手術と回復の間はこれまで考えたこともないものでした。

手術の日以後、くたくたになるまで一生懸命でした。両親の世話はしても、自分のことはまったく放ったらしになりました。それはまるで止むことのないハリケーンみたいな気狂い沙汰の毎日でした。

My step-father, 81, had knee surgery 9/27/10. He was insistent to go home vs rehab because he is my mentally ill mother's primary caretaker. Of course, as usual, out of 6 brothers & 1 sister, I am THE ONE who takes care of my parents. His knee surgery & recovery has been WAY more than I ever dreamed it would be. Since the day of the surgery, I have stretched myself to the point of extreme exhaustion. I lost all focus on myself while trying to take care of my parents needs. It has been like a hurricane of nonstop running, frenzied activity.

 

今は、やったことの中に、どうしてもしなければならなかったこととやらなくても良かったことがあることが今は分かります。また、これまでの人生でも(必要のないときですら、自分のことに気を回さないようにするために)問題のある兄弟のことに気を向けるようにそう決断した自分があったことも分かります。

今回は、両親のために本当に私がしなければならないことと私がする必要のないことを区分けするようにしています。月曜日から、ヘルパーを雇って両親と一緒に住んで貰うことにしました。私は私の生活を取り戻すようにしてます。

I realize that some of what I have been doing has been necessary, and some has not. I also realized that I have chosen many times in my life to HELP troubled siblings, etc (when it is not necessary- to keep from focusing on myself) to my own detriment. At this time, I am trying to sort out what I really need to do for my parents vs what I don't need to do. I have hired help to stay with them as of Monday, so I am trying to get my life back.

 

あまり深刻になるのもどうかと思いますが、悩みは、人それぞれです。他人からみると“そんなこと”でと思うものでも本人にとっては大問題です。

それは、多かれ少なかれ誰にでもあると思います。

“あぁ、自分も同じだ”と思わず笑ってしまったものもあります。(これは作り話ではありません。全部ほんものです。私もそうだというのにをつけました。)

 

公衆トイレを使わない。どうしてもの時は、他に人がいたら絶対に音を立てない。

You don't use public restrooms... and if you do, you don't make any noise if someone else is in there.

 

隣に止まった人に趣味の良し悪しを判断されると嫌なので、停止信号でカーステレオの音を小さくする。

You turn down the volume on your car stereo at a stop light because you think the person next to you will judge your taste.

 

(前のを読んで)可笑しい。LOLは、(I am laughing out loud)の略で、ごく普通に使われます)私もしょっちゅうやる。

これはどう?シェフを傷つけまいして嫌いなものでも全部平らげる。

LOL I do that all the time!!
How about... you eat an entire meal that you hate because you don't want to hurt the chef's feelings.

自分の感情よりも何時でも他の人の感情がどうなるかを考えなければ気がすまない。

You always make sure everyone else's feelings are taken into account before you even notice your own

 

何と・・・まるで大笑いの母艦にぶつかったみたいだ。停止信号で同じことをやります。トイレ忍者は私だけかと思っていたが・・・私は、まったく音を立てないので誰にも気づかれずにトイレに入ることも出ることもできる。大笑いだ!

Wow...Reading these is like stumbling upon the "mother ship" lol. I do the same thing at a stop light...and I thought I was the only bathroom ninja...I can get in get out. unnoticed and without a sound lol!!!

 

ドライブスルーに行って注文したポテトフライの代わりにスプライトがくるとする。従業員をいらいらさせるのが嫌だから注文したものと違っても貰って出て行く。勇気を出して間違いを指摘できるようになった途端に、躊躇したことが全然大したことじゃなかったことが分かる。

自分じゃなく、常に他人を基準にしてやることが多い。自分がやりたくないからでなく、他人がこう思うかもしれない、こう言うかもしれないと思って物事をやらない。これが自分の人生で自分が決断すること、どうせ他人など人のやることなど気に掛けやしないということを忘れてしまうのが癖になっているのだろう?他人を喜ばせるために生まれてきたのではない。

When you go through the drive-thru and get a sprite instead of the fries you intended to order, you would prefer to drive off with something you don't want rather than risk irritating an employee. WHen you finally muster up the courage to point out the mistake, you can't believe what a non-big deal it turns out to be!

I do a lot of things based on others, not on me. I don't do things that I want to do because of what others might think, or others might say about me. I have a habit of forgetting it is MY life and MY choices and who really cares what those others think anyway? I wasn't born to please them.

 

テッシュが最後の一枚になっているのに気がついたら、誰かが使うかもしれないと思って代わりにガサガサのペーパー・タオルを取りに行く。自分がテッシュを必要とした事実すらなかったように、そして最後の一枚がそれほど重要なことのように。

You need a tissue, and notice it's the last one in the box... you don't take it because someone else might need a tissue, and you go get the scratchy, uncomfortable paper towel instead, completely discounting the fact that you needed the tissue in the first place, and important enough to use the last one.

 

本当に身体の調子が悪くて休養を取る必要があると思っても、罪悪感から休むと電話を掛けるのが辛くて、やっと上司に電話を掛ける時には、さも重病のように見せるために咳きをしたりくしゃみをしたり鼻をぐずぐずさせたり・・・。 

When you are legitimately sick and in need of rest, you painfully make the decision to call out of work, feeling guilty about it, and then when you call your boss..., you try to make yourself sound sicker.... cough, cough, sniffle, sneeze, weeeeze..

 

私も、というのがありましたか?

 

次回も、この続きとアドバイスの常套文句をやります。

 
- | 22:31 | author y-brother | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://beholding-eye.chalaza.net/trackback/743
トラックバック