女性のための英語 English for Girls

あなたの脳のはたらきをそのまま使う最も自然な訓練方法
2010年6月10日(第一回)から毎週木曜日の教材提供
<< 女性のための英語(17):会話−5−1(会話を盛り上げるために) | TOP | 女性のための英語(18):会話−悩み事と相談 >>
女性のための英語(17):会話−5−2(会話を盛り上げるために)

3.         自分の失敗談で会話を盛り上げるための参考

 

Question:

Hello,
during a translation I find something that I don't understand how to translate:

帰ってから気持ちよく眠れるように
(it's confortable to sleep after I returned at home?)

布団を干してから稽古に行ったら
(when I do rehearsals, the futon??)

布団が・・・・
il futon....
とんでもない事に; (something unthinkable) (about what?) O.o?

 

Answer A: (外国人の説明です。おかしなところはどこでしょう?) 

I'm just typing what it's sounds like to me..

帰ってから気持ちよく眠れるように

One hopes one can sleep happily since one is going home.

布団を干してから稽古に行ったら
When / If one goes to practice after drying the futon
布団が・・・・
The futon…
とんでもない事に
(It’ll become) a preposterous thing

(
事に might've thrown me off)

I'm sorry if it sounds weird ('cause no one talks like that, right?), but I used the pronoun "one" 'cause it's neutral, and most of the time, I'm not sure what the right pronoun is. But I do hope it sounds somewhat accurate.

 

Further question:

Thank you for the help... ! Now it's more clear but I still have a little doubt, due my english... that it's not good too..., that's why it was hard to translate for me, I have doubts also about english X°D

drying the futon (in which sense?) they drying the futon for what? What mean?

とんでもない事に
(It’ll become) a preposterous thing (
事に might've thrown me off)
I don't understand this translation, what does mean.

 

Answer B:  (私の説明です)

I would translate this way;

I went to the rehearsal leaving Futon at the porch(or veranda) for sun drying so that I can sleep comfortably (at night).
I returned home and took a look at my Fu
・・???・・・・
Oh, my (anything or any words you like.)

Chaos kun,
What actually happened on the Futon? There must be something after these sentenses.

 

Reply:

AHHH! Thank you! Now I understand... there's another things before that story of the futon.. it's this:
雨降ってたんですね・・・

So the futon was totally soaked! Now it's all clear, ne?

 

これは、日本人ならすぐに“知らないうちににわか雨が降ってふとんが濡れたに違いない”と思いますね。実際、そうだということでした。

ひとつ、大事なことを言います。

 

自分の失敗として会話に使うなら;

I went to the rehearsal leaving Futon at the porch(or veranda) for sun drying so that I can sleep comfortably at night.
I returned home and took a look, oh, my goodness. It was soaking wet. I didn’t know that it rained. It was really terrible.  

Oh, my goodness (びっくり仰天)ですが、アメリカ人なら、Oh my GodとかJesus とか、或いは品なくGoddamn(くそっ)とかShit (くそっ)とかいろいろな汚い言葉(Curse word)を使うと思いますが、私たち日本人はできるだけ使わない方がいいと思います。

また、神(God)やイエスにまつわる言葉も避けた方がいいかもしれません。

昔、アメリカに住んでいた頃、冗談に”Oh, my Buddha”と言ってみたら(キリスト教じゃなく私は仏教だからと)、怪訝な顔をされました。 

 

I would translate this way.would を使いました。Would willの過去形ということは分かりますね。英語でもっとも忘れてはいけないことのひとつが、would could の使い方です。・・・学校でどう習いましたか?

私が、ここで使ったwould は、(もし、私があなたなら)このように訳しますが・・・というニュアンスです。Will でも良いですが、would の方が、控えめな感じを与えます。学校では、Will you do this?よりもWould you do this?の方がより丁寧と教わったでしょう?両方とも“これをしていただけますか?”です。私は、うっかりwillを使ったときは、Will you pleasedo this?pleaseを加えますが、ここまで神経質になる必要はないかもしれません。

私が、ここで使ったwould はこれとはちょっと違った使い方で控えめ言い方になるととりあえず覚えてください。

ついでに、“これをしていただけますか?”というとき、Can ou do this?よりもCould you do this?とした方が丁寧と習ったと思いますが、年上の人やあまり親しくない人には、必ずcouldを使ってください。ニュアンスとしては、「もし可能なら、やっていただけますか?」です。

私は、変な日本語と思いますが、10年ぐらい前から、「〜をしてもらってもいいですか?」という言い方をする人がいます。Could はそんな感じと思ってください。

 

今日の最後は、私も上手くはないのですが、英会話を学ぶひとつの目標に、日本の文化的なものを 外国人に話せたらいいなということはありませんか?私自身は、下手に言えば、文化に詳しくないことがバレるので、できるだけそういう会話を避ける傾向があるのですが、たまたま単語林で日本の季節感みたいなことを書きましたので、ご参考までのつもりです。

 

4.         日本語の季節感を話そう

 

Question:

Good evening, everyone :)
I'm a newbie here, nice to meet you all. I started learning Japanese just recently by trying to read & translating a song lyric.
There's this one song by Uemura Kana titled Inagawa and I just finished translating the first paragraph. I just knew that I must be making so much mistakes, so helps and critics are so welcomed :D

堵名川
Ina River

風が吹いていたんだ
The wind that was blowing on me

そっと笑いかけながら
While smiling gently

あの土手の小径のツツジは咲いたかな 今年も
I wonder if those Azalea on the small path at the bank would also bloom this year


誰もがいつしか忘れてしまうけど
Nobody noticed things that had been put away, however
or
I forget everyone unawares that

忘れない場所がある
There's a place to remember

Thank you very much for your helps! :D
Best regards, Yuki

 

Answer A:  (外国人の翻訳です。この人は日本語が堪能です。)

When translating poems I think the translator has to have a certain degree of freedom in order to translate the nuances. Here's my shot.

風が吹いていたんだ

The wind blew,

そっと笑いかけながら
Whilst beginning to laugh gently,

あの土手の小径のツツジは咲いたかな 今年も
I wonder if those Azalea on the bank's small path bloomed. This year as well.

誰もがいつしか忘れてしまうけど
No matter who, Everyone will forget in time but,

忘れない場所がある
There's a place never forgotten.

 

Answer B: (私の翻訳と追加説明があります。)

Yukibozu san,
I know I have no sense of poem but let me try.

風が吹いていたんだ

The breath of wind

そっと笑いかけながら
With gentle smile

あの土手の小径のツツジは咲いたかな 今年も
Those Azalea on the small path at the bank
Must have bloomed this year again

誰もがいつしか忘れてしまうけど
The past fades away some time, but

忘れない場所がある
There's a place never, never forgotten

Explanation for this translation

風が吹いていたんだ

吹く is blow obviously but つつじ(azalea) blooms in May, which we call 初夏(しょか):start of summer.
The image of May most Japanese share (that is part of cultural feeling) is sunny (blue sky), rather dry (less moisture) and warm (mild weather); most comfortable first season of a year between transitional spring from winter and unpleasant
梅雨(つゆ) season
humid with continuous rain in June.
Wind, in such an image, does not blow strong (To me, blow gives some image of rather strong wind
need correction, if wrong, from English natives).
Wind of May is fresh and sweet, gentle touch on your cheeks and makes you vivid.
The first two sentences are scenic and illustrate the joy of the poet (singer?) having May, I guess.
つつじは、5月に咲きます。冬に続く春と湿気が多い雨の6月の間の5月を初夏と呼んで、ある意味日本人の文化的感覚の一部ですが、そのイメージは、湿度が低くて穏やかな気温で、一年で最初のもっとも気持ちの良い季節です。このような季節では、風は強く吹かない(blowには強い風というイメージがあると思うが、間違っていたら指摘してください)というイメージです。

5月の風は、新鮮で甘く、頬に優しくて人を活き活きとさせるイメージです。

この詩の最初の二行は、情景的で歌手が5月を迎えた喜びを表していると思います。

 

最初にこのような日本語を書いてしまうと、英語に訳しにくくなります。今、日本語に直して私自身がそう思います。100%自信はありませんが、この日本語で伝えたい5月のイメージをある程度英語で伝えられていると思っているのですが、どうでしょうか?

英語だけを読んでみると特別難しい単語や言葉を使っていないことは分かりますね?


咲いたかな
This is what we call enantiosis(反語的表現:はんごてきひょうげん), implying that he does not wonder but has no doubt that it has bloomed.
This enantiosis is common in Japanese language.
If the poet had known that there was a bank renovation plan or something and azalea may have gone, he wonders whether it stayed there yet and bloomed this year, too.
これは、日本語によくある反語的表現で、詩を書いた人は、wonder(疑問に思う)でなく、咲いたことに疑いを持っていないことを示しています。もし、書いた人が護岸工事か何かがあるのを知っていて、つつじはなくなったかもしれないと思えが、咲いたかどうか疑い(winder)もするでしょうが・・・。
I read this paragraph the most important part. When he wrote it, his mind was overwhelmed by his memory with the beautiful scenery of azalea full of petals with various colors, deep pink, light pink, white and others.
Readers or listeners are evoked the best scenery of azalea they memorize by this paragraph no matter where it was.
この詩の部分は一番大事なところと思います。詩を書いたとき、頭の中は濃いピンク、淡いピンク、白い花びら、いろいろな色の花がいっぱいに咲いたつつじの情景であったでしょう。この歌を聴く人は、場所に関係なく、それまで自分が見た一番きれいなつつじを思い出させられます。
Then after reading or listening to the last paragraph, they may want to visit Ina River some day. Actually, I wonder how many Japanese know that river except for local people. Honestly, I have never heard of it.
そして、最後の文句を聴いた後、いつか堵名川に行ってみたいと思うかもしれません。
実際には、その地方以外の日本人がその川を知っているかどうか分かりません。正直に言えば、私は聞いたことがありません。

 

I WONDER if this helps, Yuki bozu さん.

雪坊主さん、助けになったかどうか分からないのですが・・・

 

反語というのは国語で習ったと思いますが、「〜しただろうか、いや絶対にしたはずだ」ということですね。この詩を書いた人が、本当に反語的表現で“〜かな”を使ったかどうか分かりませんが、私の日本人としての感覚から反語と取りました。

〜かしら?〜かな?というと自動的に、I wonder〜とする人がいると思いますが、wonderはあくまでも“〜したどうか分からない”という疑いをもっているニュアンスです。最後のWONDERと全部大文字にしたのは、半分ジョークの気持ちから、wonderの意味を伝えたかったとの、この質問をした人の英語力と日本語力から見て、私の説明が理解していただけるかどうか本当に疑問を持ったからです。

蛇足ですが、“今年も”を外国人はthis year as wellと訳しました。それが正しいですし、私もそうしようかと最初考えましたが、歌ですから、againの方が歌いやすいだろうし、強く響くと思ってそうしました。ここは、私の素人考えですので、as wellを使う方が無難です。

今回の5−1、5−2は、ちょっと難しかったかもしれません。 しかし、日本語で書くと難しく思えるものでも、その意味さえ把握すれば、英語で以外に簡単に言えるということを知っていただければよろしいかと思います。

次回は、人の相談に乗ったり励ましたりすることをテーマにします。

日本語でもそれほど異なることを言っていないということを自分が相談した、あるいは相談された経験から思い出しておいてください。

Really appreciated if you click the button as I am challenging the blog ranking in the category of English training. Click all of them or just one you like. 
にほんブログ村 英語ブログへ   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
- | 11:17 | author y-brother | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする