女性のための英語 English for Girls

あなたの脳のはたらきをそのまま使う最も自然な訓練方法
2010年6月10日(第一回)から毎週木曜日の教材提供
<< 女性のための英語(12):このサイト知っていました? | TOP | 女性のための英語(14):会話―2 >>
女性のための英語(13):今日から会話

もし教室で教えているとしたら、ここに書いたのとまったく同じことをあなたに話します。私の英語が完璧でないのは分かっていますが、英語を母国語とする人ほとんどに通じます。


We will have the second training course from today, OK?

今日から、訓練コースの二つ目です。いいですか?

In the first course, we trained ourselves on three things.

最初のコースで三つのことを訓練しました。

 

One; how to inure your brain to unfamiliar sounds of English words, right? Your brain is supposed to be getting used to them and has already memorized some of them. You can trust your brain, can’t you?

But remember that as I said earlier, brain is very busy having to do a lot of things. Unless you continue the practice, it will forget in time. I would like to encourage you to continue.

ひとつは、日本語にはない英語の音に脳を慣らすことでした。そうでしたね?既に、あなたの脳はそれに慣れてきて、いくつかの音は記憶しているはずです。あなたは、脳を信じられますよね?

でも、前に言いましたが、脳は沢山のことをしなければならないので忙しいということを忘れてはなりません。訓練を続けなければ、時間が経てば忘れちゃいます。訓練を続けるようがんばってくださいね。

 

Two: We have read many English sentences in several different areas of our life. The objective of this training ・・・・・what did you think of that? ・・・yes, it is for you to realize that there are many words specific to the area, called lexicon. I wanted you to know the importance of vocabulary. If you have a good vocabulary, it makes you to join a wide range of conversation, right?

二つ目は、生活のいくつかの場面の英語の文章を読みました。この訓練の目的は・・・・・何だと思いましたか?・・・そうです。場面、場面に特有の言葉、lexiconと言いますが、それがあることを知って欲しいからです。語彙の大切さを知っていただきたったのです。語彙さえ豊富なら、いろいろな会話に入ることができますよね。

 

Three: I emphasized; forget the way you learned at school to translate English into Japanese and if you do this, you will not be able to speak or write English.” Instead, at the last training session, I recommended “packet reading”, a word I invented to call “ぶつ切り”.        

Also, you must have realized that my translation examples were much more natural as Japanese sentence different from what you did, if you had tried, based on the way you learned.

三つ目。「学校で習った英文和訳のやり方を忘れなさい。そんなことをやれば、英語を話すことも書くこともできないよ」と強く言ってきました。前回、“ぶつ切り”を呼ぶのに私が勝手に作った”Packet reading“という方法を薦めました。

また、例を示しましたが、私が訳した日本文の方が、もしあなたがやったとしたらですが、あなたの日本訳よりずっと自然だと思いませんでしたか?

 

If I were teaching you at a class, I would speak to you exactly the same as I wrote here. I know my English is not perfect but I am sure that most English natives would understand it.

もし教室で教えているとしたら、ここに書いたのとまったく同じことをあなたに話します。私の英語が完璧でないのは分かっていますが、英語を母国語とする人ほとんどに通じます。

 

Speaking and writing are primarily the same in English structure, thus if you can speak, you can write and if you can write, you can speak.

I am not saying that English is an easy language but the structure is different from that of Japanese.

英文の構成は、話す場合でも書く場合でも同じです。話せれば書けます。書ければ話せます。英語が簡単な言葉と言っているのではありません。構造が日本語と違うといっているのです。

 

Some of you may have a doubt; “even if I learn these three, I wonder when I will be able to speak unless I go to a conversation class.”

「この三つを習っても、会話学校に行かないで、何時話せるようになるのかしら」と疑問を持っている方もいると思います。

 

I actually encourage you to take a class for English conversation because you had better having more opportunity to speak with natives. But know the fact that there are few natives who understand the substantial differences of the structure between English and Japanese. As most of native teachers can’t speak Japanese as you do, unless you understand the difference, you will be confused a lot.

英会話クラスに行くことはいいことと思っています。ネイティブと話す機会をもっと持った方がいいと思っているからです。しかし、これだけは覚えておいてください。ネイティブの先生には、英語と日本語の決定的な構成の違いを分かっている人はほとんどいないということを。先生方のほとんどは、あなたのようには日本語を話せません。あなたが(構成の)違いを分からなかったら、混乱するばかりです。

 

Only thing I can say is that if you do the training here at this site, your investment in the conversation school could be returned a hundred times or more.

I can say this in 100% confidence from my experience having taken many classes and having worked for an American company where there were many Japanese who practiced hard but could not speak and write even in much more idealistic environment to learn English.

たったひとつ言えることは、このサイトでトレーニングすれば、会話学校につぎ込むお金が何倍にもなって返ってくるということです。こう断言することに100%自信があります。 経験からです。過去には何度も英会話スクールに行きました。アメリカの会社に勤めていて、他の人よりはるかに恵まれた環境にある中で一生懸命やっても話したり書いたりすることができない人が沢山いたからです。

 

It is not right to maintain a kind of attitude or mentality to study English. What you did at school was to study it for the test which was, and is, not necessarily designed to be good for English communication. Something wrong with the method is obvious. Otherwise, there should be more Japanese who have less trouble speaking English because every Japanese learns English at least six years from Junior to High school. Those who could not speak in such a good environment could not get away from that mentality.

Learning English is not a study but training. No matter it is, you need a right and efficient method for training.

英語を“勉強”するという考えやメンタリティを持ち続けていては駄目です。学校でやったのは、テストのための“勉強”です。テストは過去も今も、英語のコミュニケーションにいいようには作られていないのです。方法が悪いのは明らかです。そうでなければ、中学校から高校まで6年間も学んでいます英会話に困らない人がもっといるはずでしょう。いい環境にいながら話せない人は、そのメンタリティから離れられない人たちなのです。英語をやるのは“勉強”じゃなく、トレーニングです。どんなことでもトレーニングには正しくて効果的な方法が必要でしょう。

 

ここまでの英文は、その下に続く日本文を訳したのではありません。英語が先です。

ちょっと読むと、英文と日本文が全然違っているように思いませんか?

学校で習った英作文式に日本語を英語に直してごらんなさい。絶対に、この英文のようにはなりません。

でも、両方とも同じことを言っています。

 

 “ぶつ切り”で読む習慣がつけば、文章の全体の意味は分かりますから、それを日本文にする。テストでないから日本文を作る必要もありません。

話せる、書けるようになるには、“ぶつ切り”で読む訓練をしてください。

訓練コースの2番目は、話すことに重点を置きます。

 

今日は、塩シリーズはお休みです。

これまで12回の英文をもう一度振りかって、“ぶつ切り”で読む訓練をしてください。

 

最後に、次の文章を読んで“ぶつ切り”訓練の例にします。訳したら駄目ですよ。

 

You can soar to great heights with a heart filled with praise and thanksgiving. But like the tiny lark, you have to take off from the ground; you have to make that special effort. It need not be a strain; it can be a joyous, light-hearted effort. Why remain anchored, when action on your part can change your life completely?
Set your sights high,
the higher the better. Expect the most wonderful happenings, not in the future but right now. Stride forward with a firm, steady step, knowing with a deep, certain inner knowing that you will reach every goal you set yourself.

 

praise and thanksgiving という言葉は、日本人には分かりにくいです。僕も良く分かりません。キリスト教に関係します。神の称賛と神への感謝みたいなものでしょう。この色の違うところをそれぞれ(単語が分からなければ辞書で調べて)の意味を知るだけ。全体が終わったら、文を見ないで、自分の頭で全体の意味を想像してください。書くと訳が分からなくなるから、想像するだけ。

 

大体、こんなことかな?と思ったら、ここをクリックしてください。

そこにある日本語が、私の理解です。

あなたが若いお母さんなら子供に、悩んでいる後輩の相談を受けている先輩なら、似たようなこと言うのではありませんか?

 

その英語のモデル(原型)が、これです!

 

それでは、今日の最後に、みなさんにやっていただきます。

優しい友達に、メールを返信します。


メール読みました。ちょっと泣いてしまったけど、お陰で、一日元気で過ごせました。

ありがとうね。

 

そっくり使えるのを読んだことがありますよ。覚えていますか?

それを参考にして書いてみてください。


書いたら、声を出して、話すように読んでください。発音チェックしてあげられませんけど・・・・・あぁ、
ナチュラルリーダー・ソフトウェアは試しました?


これまで紹介したリスニング用訓練ビデオをまとめておきます。

 

2010610日紹介


President Addresses America's Students 16:40

Obama Says Education Means Emancipation 21:41

Obama’s speech to kids: education or brainwashing? (27:25-40:35)

Being Multiracial in America (4:27


2010 624日紹介

EcoSalon Shops- New York City 2010


201078日紹介 


そのサイトにあるビデオをクリックして「Battle Over the Bottle」へ

2010722日紹介


Container Gardening: Container Herb Garden


2010729日紹介


Indo Board Wakeboard Girl 

 

そして、“iphone にも繋げて聴ける” (iphone adaptability)し、ヘッドフォーン製品のおしゃれ派「Stylish side of headphone line」というのも使えるかも。聴き取れましたか?
サイトで
Jeff McKee TV をクリックして観れるきれいな映像からです。


2010812日紹介

Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address

Steven Pinker on the myth of violence

 

Steve Jobsのスピーチは、今のあなたのリスニング力を自己評価する絶好の材料です。この意味も分かるようにするのが、ひとつの目標でしょうね。


201099日紹介


Lisa Margonelli:
The political chemistry of oil

いかにもアメリカ発音で、リズム感がはっきりしていて、そうとう早口の女性のプレゼンテーションです。



もうすぐです。耳の訓練に頭の良し悪しは関係ありませんから、やるかやらないかだけ。

一回5分間。集中するために声を出して聴こえたとおり発音する。意味が分からなくとも構わない。この原則を忘れずに、がんばってください。それでは、

Really appreciated if you click the button as I am challenging the blog ranking in the category of English training. Click all of them or just one you like. 
にほんブログ村 英語ブログへ   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
- | 12:00 | author y-brother | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://beholding-eye.chalaza.net/trackback/736
トラックバック